砂型鋳造
砂型鋳造

砂型鋳造とは、溶融した金属を砂型の鋳型に流し込み、冷却・凝固して鋳物の取り出す工法です。

砂型鋳造の流れ
1. 金型製作

砂型鋳造において、第一に金型を作る必要があります。砂型は上型・下型のそれぞれを製作する必要があり、製品と同形状の模型の周りに砂を充填させ、仮に、内部に空洞部を設ける必要があれば、中子(芯)を製作・使用して、鋳型を製作する必要があります。

2. 鋳造

鋳物を便利に取り外すために、鋳型表面に離型剤を塗り、必要に応じて、中子をセットし、上型を被せて密封し、鋳型を完成させます。その後、鋳型に、溶湯を取鍋から砂型に流し込みます。その際、早期凝固による不良等を防ぐための対応も必要となります。

3. 冷却

鋳造後、金属が固まり始めますが、多くの鋳造欠陥は、凝固する過程において発生します。冷却速度が早過ぎると、収縮穴や割れ・欠けなどの不良が生じる可能性があるため、金型設計や鋳造方案の設計には、予防措置のための技術が必要となります。

4. 清砂

鋳物が完全に凝固し、冷却したら、振動設備(シェーカー)で鋳物から砂を分離・除去し、その後、ショットブラストで鋳物の表面の酸化スケールと砂を除去します。

5. 湯口除去

鋳造後の湯口・不要な鋳造方案は、グラインダー等により切断し、製品本体を損傷させぬよう除去する。

砂型鋳造の長所

• 大半の鋳鉄(FC/FCD等)と非鉄金属(アルミ等)は、砂型鋳造で鋳造できます

• 部品はサイズ、重さ、形状などにより異なり、重さはグラム単位からトン単位まで可能です

• 数量については、基本的には制約はありません

• 大ロット生産になればなるほど、コストは抑えられる傾向にあります

戦略合弁会社(B)-砂型鋳造

ISO 9001

宁波PR.

宁波奉化

樹脂砂型鋳造

成立 2012

敷地面積 20,000平方メートル

年生産能力 8,000 トン

高クロム鋳鉄/炭層/合金鋼/耐摩耗鋼

最大寸法 -  1500 X 1500 X 1500  MM

重量範囲 -5 - 2500KG

鋳物寸法公差 - CT10 - 12

鋳肌面粗度 - Ra25

Sand Casting1
Sand Casting1
Sand Casting1
Sand Casting(1)
戦略合弁会社(C)-砂型鋳造

ISO 9001  IATF 16949

宁波JM. 

宁波

粘土砂型鋳造,シェル型鋳造

成立 1993

敷地面積 20,000平方メートル

200 従業員

生産能力30,000トン/年

グラファイト鋳鉄、ねずみ鋳鉄

最大直線寸法 -  610 MM 直径  510 MM Did

重量範囲 -0.2 - 100KG

鋳物寸法公差 - CT8 - 12

鋳肌面粗度 - Ra 12.5 - 25

Sand Casting(2)
Sand Casting1
Sand Casting1
Sand Casting1
Sand Casting1
戦略合弁会社(D)-砂型鋳造

ISO 9001

宁波LX. 

宁波

粘土砂型鋳造,シェル型鋳造

成立 1970

敷地面積 18,000平方メートル

100 従業員

年生産能力 6,500 トン

グラファイト鋳鉄、ねずみ鋳鉄

最大直線寸法 -  600    直径- 600  MM Did

重量範囲 -0.2 - 100KG

鋳物寸法公差 - CT7 - 10

鋳肌面粗度 - Ra 12.5 - 25

Sand Casting1
Sand Casting1
Sand Casting1
Sand Casting(3)
Sand Casting(4)                        Sand Casting(5)
Sand Casting(6)                        Sand Casting(7)